ローターブレード
ローターブレードは固定翼機の主翼と同じ役割を担っており回転翼機(ジャイロコプター・ヘリコプター)の飛行にとって死活的に重要な部品です。 
現在までジャイロ用ブレードの材質は航空規格アルミ6061-T6ベースの抽出一体成型が一般的ですが、近年ジャイロ機体メーカー、ローターブレード専門メーカーより超高耐久性、超高強度、超長寿命をうたう樹脂製(グラスファイバー、カーボン)ジャイロ用ローターが始めています。 ブレードの使用制限時間なしとしてるものもあり価格的にも相当高価なものと思われます。


日本国内で現役のジャイロは今でもベンセン、エアーコマンドのシングルシーターが中心であり、ローターの手押しスタートが出来る事が大きな要件となると思われます。 無論、メカニカルプリローテ―ター又は油圧式プリローテ―ター付きの場合はその必要は無いわけですが大部分のメーカーはジャイロ用ブレードには翼型NACA 8H12を採用しています。。
手押しスタートが可能なローターブレードの翼型NACA 8H12は以下の様な形状です。



破損、長期使用による疲労などでローターを新しく交換する必要が出てきた場合、現在以下のメーカーから新規ローターを輸入することができます。

1.ドラゴンローター 〔ローターフライトダイナミックス社 USA〕
2.スポーツコプターローター〔スポーツコプター社 USA〕
3.アヴェルソローター〔アヴェルソアヴィエ―ション社 フランス〕
4.ジャイロテックローター〔ジャイロテック社 ポーランド〕
5.ヴォ―テックスローター〔ヴォーテックス社 USA〕
6.エアーベットローター〔エアーベット社 スペイン〕
7.TAGローター〔TAGアヴィエ―ション社 オーストラリア〕
8.タンゴジャイロ ローター〔タンゴジャイロ社 USA〕


以下は上記7社ローターに関する説明です。
1.ドラゴンウィングローター
ローターフライトダイナミックス社(米)ドミネータージャイロコプター用ブレードですがアメリカ国内の他EU,イギリス製機体にも多く使用されています。 このローターの翼型はNACA 8H12ではない為プリローテイタ―付き機体で使用します。 このブレードは手押しスタートはできません。  下画像はドラゴンローターの翼型




2.スポーツココプターローター
スポーツコプター社(米)
ライト二ング、ヴォーテックス等モデル用のローターブレードですが、これはアメリカ国内でBENSENやエアーコマンド機に多く使用されています。
航空機規格の強力ボンドにより芯材に張り付けられおり高温、多湿の環境下でも剥がれは発生しません。 また、リヴェトの使用がなく極めてスム-スな表面仕上げとなっているため手押しスタートの際は優れたオートローテーション性能を発揮します。
ブレードの翼型はNACA 8H12、ブレードコードは203mm, 216mmの2サイズ。 



3.ステラローター
アヴェルソアヴィエ―ション社Averso Aviation(仏)
開発によるステラローターはアルミ抽出一体成型ローターで多くのヨーロッパ製2シータージャイロに使用されています。 ローターコード216mm 翼型 NACA 8H12でローターの手押しスタートができます。 
同社のブレードの翼型:NACA 8H12                 アルミ抽出一体成型ブレード





4.ジャイロテックローター
ジャイロテック社Gyro Tech(ポーランド)はローターブレードの専門メーカーでヘリコプター用ローター、単軸反転用ローター、ヘリ用テールローター、ジャイロコプタ―用ローター全てを開発・製造・販売しています。
ローターブレードは100%グラス又はカーボン製
ジャイロローターの翼型はNACA 8H12でブレードコード 216mm。   ブレードの寿命: 制限は設けていません。
同社はシングル機、複座機に拘らずブレードの長さに対応できるとしてます。





5.ヴォ―テックローター
ヴォ―テック社Vortechs(米)
ヘリコプター・ジャイロコプタ―のキット・完成機の販売、ヘリ・ジャイロのローターの販売をしています。 ジャイロローターの翼型はNACA 8H12でローターの手押しスタートOKです。 下画像は同社のNACA 8H12翼型と長さ毎の価格表です。
    
    



6.エアーベットローター
エアーベット サービス エアロノーティックス社Airbet Service Aeronautics(スペイン)
翼型NACA 8H12     ブレード長さ: 6 - 8.4M     ブレードコード201mm   
ブレード表面酸化防止処理: 黒色アノダイジング     価格:2400ユーロ
ベンセン、エアーコマンドに乗せる場合は一部ローターヘッドの調整が必要です。




7.タグアヴィエ―ション(TAG Aviation)ローターブレード
タグアヴィエ―ション社(オーストラリア)
同社は初のチタニウム製オートジャイロを開発・販売を開始した。 フレーム、各種部品はチタニウムを使用しており最高の強度、耐久性、高防錆性、軽量さを誇っている。 多くの特徴の内、ローターブレードはブラックカーボンで外観的にも魅力的なものとなっている。 ベンセン、エアーコマンドに使用する場合はローターヘッドも同時に変更が必要です。

ブラックカーボンローター                      チタン製ローターヘッド



8.タンゴジャイロローター
タンゴジャイロ社 TANGO GYRO Home (USA)

翼型はNACA 8H12でローターの手押しスタートOK
ブレードはアルミ抽出タイプ一体成型で表面はアノダイジングによる防製処理済み
ブレードコード216mm,  ブレード径23 - 30フィート(ハブバーを含む)
ロ―ターブレード価格































SPORT GYROCOPTER
スポーツジャイロコプタ―
スポーツジャイロコプタ―トップ      ジャイロコプタ―の歴史       飛行原理       国内での飛行      キット/完成機        代表的エンジン      ローターブレード      ニュース      ジャイロコプターの飛行記録      輸入     ジャイロ飛行クラブ      フライトトレーニング      機体の運搬     リンクとお問い合せ